CAN DOの500円三脚を使ってみた感想

子どものイベントなどカメラの三脚があったらいいなと思うことがありますよね。

ただ、使う頻度も少ないしできれば安く済ませたい。

100円ショップCAN DOで購入した三脚のメリットとデメリットをお伝えします。

目次

メリット 


・安い
・必要十分な機能

第一に安い。税込み550円で購入できます。あまり使用機会がなく、費用を抑えたい方にはおすすめです。

第二に必要十分な機能。
高さ調節可能、一眼レフが乗せられる耐荷重、コンパクトで持ち運びがしやすいです。

高さを33~100cmまで調節可能です
100cmというと、地面に座った時の目線より少し高いくらいになります。
運動会で自席での撮影にちょうどいい高さですね。

耐荷重
一眼レフも乗せられます。水準器もついていて、レベル出しも可能です。

コンパクトで持ち運びがしやすい
畳むと33cmです。リュックにもそのまま入れられます。
三脚本体は265gと軽量です。

デメリット 

安いなりにデメリットもあります。

チープな作り
安いだけあって全体的にチープです。カメラ台、ねじでの取り付け部分はゴムです。
経年劣化は致し方ありません。

背が低い
最大で100cmです。前に人が座れば思うように撮影ができません。用途は絞られてしまいます。
予め撮影条件を想定することが必要です。

まとめ

高さによる用途制限を考慮すれば十分なスペックです。軽さ、コンパクトさはお出かけの邪魔になりません。

背の高い三脚は別途必要に応じて検討する。用途に応じて使い分ければ思い出をたくさん写真に残せそうですね。

全高175cmで評判の良い三脚は安いもので5,000円程度で購入可能です。

稼ぐブログランキング
よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

1986年生まれ。小学生頃から多汗症に悩まされる。中学以降多汗症及び赤面症により人目が気になる。HSP気質が増長される。
大学3年冬に右側の多汗症ETS手術を実施。2年後に左側も施術。
社会人になり、メニュエール病、適応障害を経験。普通の生活に不自由を感じ、それらの経験の記録の為ブログを始める。2児の父。

目次
閉じる